人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自分のおすすめ、はっきり言えますか

本日は、考察はお休み。

今日のお題は
「自分のおすすめ、はっきり言えますか」

先日友人と食事に行ったとき、友人が店員さんに
「このお店のおすすめはなんですか」
と店主の方に聞きました。
「うーん、そうですね。焼き物も美味しいし、刺身も美味しいですよ。あ、でもこの季節なら鍋が良いんじゃないですか」

。。。

この返事でテンションダダ下がりの私たち。

皆さんこの返事どう思いますか?

私は結局何をお勧めされたのかがよく分りませんでした。
店主にしてみれば、私たちの好みが分からないから、いろいろおすすめしてくれたのかもしれません。
お店がちょうど忙しい時間だったから、応対が難しかったのかもしれません。

でも、私たちは
「この店に次に来ることはないね」
と言う結論になってしまいました。

私たちの聞くタイミング、聞き方も悪かったのかもしれません。

お店側のはっきりした回答、例えば
「今日のおすすめは、セリ鍋ですよ!絶対食べたほうがいい!」
って言われたら、セリ鍋を頼んで楽しくご飯を食べていたでしょう。
美味しいか美味しくないかははともかく、気分良くご飯が食べられた。

この時は、食べる前からテンションが下がってしまい、終始なんだかなあと言う気分になってしまいました。

私は今回のこの件、いろいろ考えさせられました。

話は少し飛びますが、chat GPTを使ったことはありますか?
私は無料版しか使っていないので、知能は小学生レベルのアドバイスしかもらえませんが。。。

私はこのお店の体験は chat GPTに当てはまるなと思いました。
便利なAIですが、chat GPTは的確な指示をしなければ、こちらの求める答えは出してくれません。

例えば先ほどの食事の件。
私たちは「このお店のおすすめはなんですか」と漠然とした質問をしてしまいました。
chat GPTもこの質問では的確な答えを出してくれません。
chat GPTに私たちが納得する答えを出してほしいなら、こちらもそれなりの質問の仕方をしなければなりません。

「私たちは今日はそれほどお腹が空いていません。ビールに合うおつまみを食べたいと思っています。2人で食べるので、品数は3品程度で足ります。
肉、魚、鍋が良いです。この店のメニューは〇〇、〇〇。。。です。
私たちにおすすめのおつまみを教えてください」

これでも説明が足りないかもしれません。

話は戻りますが、先ほどの店主の話。
私たちの聞き方も十分ではありませんでした。
先ほどのchat GPTに質問するほどではないにしても、きちんと自分の好み、こういうものが食べたいということを伝えなければいけなかったのです。

ただ、商売をしている以上、お客様が興味を持つ程度には、自分のおすすめは語れないといけないなと思いました。
相手が条件を出していないなら、
「どんなものがお好みですか」
「お酒は何を飲まれますか」
「お腹は空いていますか」
など質問形式で、相手の好み、状態を知るのでも構わないと思います。

こちらがあなたの話を聞きたいです。
もっとあなたのことを教えてください。

という姿勢をお見せしなければ、せっかく来てくださったお客様は去ってしまうということですね。

あなたのおすすめ、はっきり言えますか?

良い勉強ができた出来事でした。



by yuyu-to-sa-ta | 2024-01-20 00:24 | Trackback | Comments(0)
<< 続けるって大事!! ホームページ制作の撮影のため大... >>